Blog 情熱!!経営支援!!

経営計画作成が浸透

20年前と確実に違うのは、事業者がPCを使い文書を作成できる時代になったこと。10年前と変わったのは、事業者がオンラインで助成金の申請などを行うようになったこと。

さらには、当たり前のように各種補助金申請時に経営計画、方向性、自社分析などが書けるようになってきていること。

支援機関の職員が専門家の手を借りずに経営計画策定支援をおこなうようになってきていること。

経営計画作成スキルが事業者も支援者も必須の時代になる。

そう言ってきたことが現実になってきている。

施策の普及にはこれまで10年かかってきたが、今では2年で伝わるようになってきている。

ダイレクトに省庁のウェブサイトを見る時代。

これだけのスピード時代に対応するには、支援側も全力体制でのぞむ必要がある。

そしてスピードとともに支援の質も求められる。

最近の記事

  1. スケジュール

    2021.02.19

  2. リスク管理

    2021.02.16

  3. 伝える。

    2021.01.20