Blog 情熱!!経営支援!!

飲食店さまざま

食の支援が以前は多かったが最近は製造業などが増えている。
とはいえ、日常の食事における飲食店で様々なことが起こる。
そして良い事例になる。

ある麺系のチェーン店。
丼物で焦げた料理を提供。
ちょっと焦げたくらいで美味しいかなと思ったが、、、
我慢して食べようとしては子供。
めいいっぱいその日は運動して、お腹が空いている恥なのでちょっと苦手と言って残している。

異変を察知。ちょっと食べてみたがあまりに酷すぎる。


ご飯まで全て焦げた味になってしまった。

肉だけを油で焼いており、たれをしっかりとあえていないのも一因。


我慢しては息子。偉いな。ごめんね早く気付けば。

オペレーションがいつもこの店は気になっていたのだが、この日も非常に待たされていた。
このお店は、最初にオーダーしたものを受け取ってレジ精算後に席に着くスタイル。
散々待たされてこれだと顧客は離れていく。

やんわりと事情を話して作り直していただいた。
そしてまたかなり待たされた。
時間を奪うことは非常に罪深い。

店内も散らかりゴミだらけ、厨房も汚い。トイレも汚い。
中小企業診断士を目指す(笑)、小学生の長女も冷静にここがダメ。あそこも良くないと指摘。生きた現場指導になっている。

決して従業員は悪くない。店舗管理の問題。
改善をする仕組みもないのであろう。

スーパーバイザー機能ができないなら、店内カメラでも、従業員の声など仕組みを作るべきなのかと感じる。

現場に目が届かない飲食チェーンほど残念なものはない。
日常こそ支援の教材。

もうあんまり行きたくないね。

息子のその言葉が重い。

最近の記事

  1. 純粋な気持ち

    2022.05.10